転出届けと転入届を提出するタイミングと必要な書類

引っ越しをするときには、役所に転出届と、転入届を出すのが義務づけられています。
ここでは転出届と転入届を出すときの流れについて詳しく説明していきます。

転出届

現在住んでいる住所を管轄している役所で手続きを行います。
転出届を提出する期間は、引っ越しの14日前~14日後となっています。
(市町村で違う場合もあります。)

転出届を出すときに、必要な情報と資料は

  • 新しい住所
  • 本人確認資料(免許証など)
  • 印鑑

この3点を持って行けば、手続きを済ませることができます。

引っ越しが多い2~4月などの時期は市役所も混雑しているので、結構時間がかかる可能性があるのを知っておいてください。

ちなみに、転出届は郵送でも受け付けてもらえます。しかし、郵送の場合は窓口での訂正ができないため、記入漏れ、誤記入、捺印忘れなどがあった場合は再提出となります。注意してください。

転出届を提出したときには、転出証明書がもらえます。
転出証明書は引っ越し先に転入届を提出する際に提出する必要があるため、大切に保管してください。

参考:同一市区町村内の引っ越し!転居届の手続き方法について(単身向け)

転入届

転入届は、新しい住所に住み始めてから受理されるものです。

転入届の提出は、転入後14日以内。14日以内に提出できなければ、5万円の過料を課せられることもあるため、注意が必要です。(実際には徴収されることはあまりありませんが・・・)

転入届を提出するときに、必要な資料は以下の3つです。

  • 転出証明書(転出届を提出した際にもらえる)
  • 印鑑
  • 本人確認資料(旧住所が書かれた運転免許証など)

転入届を出して、住所変更をしなければ、色々な手続きに支障が出るため、引っ越してきたらすぐに手続きをするようにしてください。

転居届

転出・転入届の他に「転居届」というものがあります。
これは同じ市区町村内で引越しを行なう際に提出が必要となります。

手続きは非常に簡単で、一つの役所で住所変更を行なうだけ。

転居届の提出期限は引越し後14日以内。
こちらも14日を過ぎると5万円の過料が発生するので、忘れないように提出をしてください。