固定電話と携帯電話の手続きには、どのような手続きが発生するか?

通信系の手続きとしては、インターネットだけでなく、固定電話や携帯電話の住所変更手続きもしなければなりません。

通信系の手続きを怠ると、周りの人があなたと連絡を取る手段がなくなってしまいます。また、インターネットの接続でも利用することがあるため、電話回線の契約もなるべく早めに手続きを済ますことをオススメします。

固定電話(市内・市外)

固定電話の住所変更は、市内と市外の引っ越しかで内容が変わります。

市内とは、主に同一の市外局番管理されているメッセージエリア内のことです。
ここで大事なのは、市内か市外かは行政区画とは異なる場合があるということです。

また、同じ市外局番内であっても、メッセージエリアが異なることもありますから、引越しの際はNTTへ確認することをオススメします。

ちなみに、市内と市外での違いは以下の通りです。

市内引っ越しの場合

電話番号の変更は基本的にありません。
変更手続きを行えば、NTT局内工事をすぐにしてもらえます。当日に手続きを完了させることも可能です。

市外引っ越しの場合

電話番号の変更手続きが必要です。
電話番号の選定などがありますから、できる限り早めに申し込んでください。

携帯電話】

携帯電話は住所変更のみでOKです。

住所変更は、店頭、携帯電話、インターネットから対応することが可能ですので、時間があるタイミングで住所変更をしておいてください。

ただし、振込用紙での支払いにしている方は、住所変更をしなければ、振込用紙が届かなくなってしまいます。最悪の場合、携帯電話が使えないようになってしまうため、できるだけ早めに住所変更をしておいてください。