運転免許証と車の住所変更について説明

身分証明をするときに、最も利用することが多いのが運転免許証ですね。

ビデオ屋の会員証などを作るときにも、運転免許書がなければ作れないので、
引越しをしたら、なるべく早めに運転免許証の住所変更手続きをすることをオススメします。

運転免許証の更新は、引っ越し先の管轄をしている警察署、或いは運転免許センターで行います。

運転免許証の変更手続きで必要な書類は以下の通り。

同一都道府県内での引越しの場合

  • 申請書・・・警察署、或いは運転免許センターで貰ってください
  • 免許証
  • 新住所を証明する住民票や健康保険証など

他の都道府県に引越しの場合

  • 申請書・・・警察署、或いは運転免許センターで貰ってください
  • 免許証
  • 新住所を証明する住民票や健康保険証など
  • 申請用の写真1枚

ちなみに、車を所持している方は、
新住所所轄の陸運支局か自動車検査登録事務所で、車の再登録が必要となります。
※同一県内での引越しであっても所轄の陸運支局が異なる場合は手続きが必要。

引越しをした場合、車の所有者が引越しした日から15日以内に手続きを済ませなければいけません。
(委任状があれば代理人でも可能)

手続きには車庫証明、車検証、新住所の住民票、印鑑、自動車税申告書、自動車取得税申告書などの書類が必要となるのも覚えておくとスムーズに再登録ができます。