まずは自分の引越しスタイルを確定しよう

引っ越しをするときには、まず先に自分の引っ越しの規模が大事なポイントになります。
引っ越しの規模としては、大きく3つに分けられます。

  1. 軽トラックで自分でできるレベル
  2. お手軽な単身パックでできるレベル
  3. 完全に業者さんに依頼しなければできないレベル

これらの規模に応じて、選ぶべき引っ越し業者などは変わりますし、引っ越しにかかるコストも無駄に出費せずに抑えることができます。

では、これらの規模の違いについて説明します。

軽トラックを利用する場合

1人暮らしで荷物が少ない場合、軽トラックを利用して、自分のチカラで引っ越すことも可能です。

発生する費用は軽トラックをレンタルする費用だけ。
1日1万円以内で引っ越しを済ますことができるというメリットがあります。

ただし、自分でやる場合には、どのぶんだけの肉体労働となりますので、力作業にあまり自信のない方にはオススメできません。

また、自分たちで荷物を運ぶことで、物や家が壊れる可能性もあるというリスクもあります。

単身パックを利用する場合

1~2人暮らしで、荷物が少ない場合や、大きな荷物(ファミリータイプの冷蔵庫や洗濯機)などがない場合には、単身パックがある引っ越し業者を選ぶことをオススメします。

単身パックは、大体押し入れ一段分くらいの収納量ですから、小型の冷蔵庫や洗濯機などであれば、単身パックで運ぶことができます。

費用は15,000~20,000円程度の低価格で利用することができ、引っ越し業者のスタッフさんがやってくれるため、手軽に引っ越しを済ますことができます。

完全に引っ越し業者に依頼する場合

家族で引っ越しをする場合や、一人暮らしでも荷物がかなり多いときには、引っ越し業者に全てお願いをしてしまうことをオススメします。

もちろん、トラックを借りて、自分の手で引っ越しすることもできなくはないのですが、その分の労働力がかなりかかってしまいます。また、大型の冷蔵庫や洗濯機などを運び、家の中に入れるというのは非常に大変なことです。

このような場合には、素直に引っ越し業者に頼んで、無駄な労力をかけないようにしてください。

ちなみに、引っ越し業者にお願いする場合の費用ですが、これは業者によって料金設定が異なるため、どこを選ぶかは慎重に選ぶようにしてください。

「でも、たくさん業者があるからどの会社にお願いすれば良いか悩む・・・」
という場合には、無料一括見積もりサービスを使って、値段の安い会社を見つけ出すのが手っ取り早く、またお得に引越しをすることができます。

最も安い業者にお願いすれば、10万円以上浮かすことも夢ではありませんので、
まずは無料一括見積もりサービスを利用することをオススメしますよ。