引越しの料金はどのように決められているか?

引越しの料金は、荷物の質、量、規模、引っ越しをする時間帯など様々な条件により左右されており、その計算方法はとても複雑です。

ですが、基本的な計算式はどの引越し業者でも、運送業者でも同じようなものなので、覚えておいても損はありません。

具体的には、
引越し料金=基礎運賃・基礎作業料金+実費+付帯サービス料金

という計算式で、引っ越しの概算費用は決められています。
それぞれの項目について、もう少し詳しく説明していきますね。

基礎運賃・基礎作業料金

基礎運賃・基礎作業料金は、国土交通省によってあらかじめ定められています。引っ越しの作業(業者が到着してから会社に戻るまで)の内容により、時間と距離によって決められます。

時間は、4時間または8時間の基礎時間(軽貨物運送業者の場合は、2時間または8時間)をベースに計算され、一時間超過ごとに追加料金が加算されます。

また、距離では100km単位(軽貨物運送業者の場合は30km)で計算され、輸送距離が超えると追加料金が加算がかかるような仕組みになっています。

実費

実費に含まれるものは、作業料金(引越作業員人数分)、資材費(ダンボールなど)、有料道路通行料(運送業者が片道分を請求することが慣例となっています)などです。

現地で見積もりを行なう場合、遠方の会社ですとかかった交通費が請求される場合もあります。さらに、フェリーを利用する場合は、依頼主が往復分のフェリー代金を負担することになります。

付帯サービス料

付帯サービス料とは、エアコンの取り付け、取り外し、ピアノなどの運搬、不用品の処分などをお願いしたときに発生します。

この部分の価格設定も各引っ越し業者によって違います。引っ越し業者が自社で対応する場合の料金は割安ですが、引っ越し業者が提携業者に依頼する場合は料金が高くなります。

ちなみに、注意して欲しいのは内金、手付金と呼ばれるものです。

引っ越し業者を含む運送業者が内金や手付金を請求することは基本的に禁止とされています。もし、引っ越し業者が内金や手付金を請求してきても、支払わないようにしてください。

こうしたことを知らないと、大概の人は「そういうものなんだ」と納得して支払ってしまう傾向にありますので、ぜひ覚えておいてください。