キャンセル料とキャンセルをするときの注意点

引っ越し業者にキャンセルを伝えることになったら、なるべく早くキャンセルの連絡をするようにしてください。

基本的にどのような商品でもそうですが、決められた期日までにキャンセルをしなければ、キャンセル料が発生します。

ほとんどの会社では以下のキャンセル料が発生します。

前日=料金の10%以内
当日=料金の20%以内

と決められています。30万円近く引っ越し費用がかかる場合、キャンセル料だけで6万円近くも取られてしまうことになりますので、どうしても、という場合を除いてはできる限り早めにキャンセルを伝えるようにしてください。

なお、これらの情報は「引越約款」と呼ばれる書類に記載されています。
これは業者から見積もりをもらうときに、渡される事が多いです。

見積もりや契約書の裏面に細かく字で書かれていますので、読み飛ばさないように十分注意してください。

ちなみに、引っ越し業者側にも、申込み者に対して引っ越しの2日前までに見積もりの記載内容の変更の有無について確認を取らなければいけないというルールがあります。

もし、記載内容の変更の有無が伝えられていなかった場合は、キャンセル料を支払わなくても良いと言うルールになっているのも覚えておくと良いですよ。

ちなみに、身内の不幸であったり、突然の病気で引っ越しをキャンセルしなければいけなくなった場合、キャンセル料を取らないという良心的な業者もあります。もし、差し支えがなければ状況を話してみるのも良いです。

それ以外で費用がかかる注意点も紹介しておきます。

例えば、いったん契約をしたあとでキャンセルする場合、配達された段ボールや梱包資材などは申込み者の負担で返送することになります。

また、既に段ボールや梱包材などを使用してしまった場合は、使用した分の料金を支払わなければなりませんので、注意が必要です。

優秀な営業マンの中には、見積もり説明や契約で来たタイミングで、ダンボールや梱包材を置いていく人もいます。

好意で置いていってくれたように感じるこれらの道具も、キャンセルをされないためのテクニックだったりするので、ちょっと注意が必要なのです。

いろいろ書きましたが、キャンセルをすることで、多くの人に迷惑がかかるのは事実です。できるだけ早くキャンセルをすることで、業者にも申し込んだ側にも損が出ないように注意することが重要です。