いつ引越をするのが良いのか?

引っ越しは基本的に半日~1日で終了します。

ほとんどの場合、土・日曜日か祝日に引っ越しをする人が多いため、平日などを選んで引っ越しをすれば、費用を安く抑えることができます。

また、日本では六陽と呼ばれる暦に関する習慣があります。
代表的な例を挙げるとすれば「仏滅」などですね。

日本人は、この暦に関する習慣を大事にするため、仏滅での引っ越しを避けて、大安などで引っ越しをする傾向があります。

特に、結婚や新生活などの引っ越しは、仏滅を避ける傾向が強いため、このようなときを選ぶと、費用を安くすることはできます(判断はお任せしますが。。。)

そして、季節・時期などによっても、料金は違ってきます。

例えば、3~4月は、新生活のスタート時期です。
そのため、2月から4月までは引っ越しの件数も多く、料金は高めに設定されています。

もし、引っ越しの時期を選べるのであれば、この時期は外しておくことをオススメします。

ちなみに、2~4月に引っ越しをしなければいけない人の中に、
「この時期は、費用が高くてもしょうがない・・・」
と思っている人はいませんか?

実は、この時期は業者側にとっても稼ぎ時であるため、業者も値段を高めに設定しています。つまり、その分だけ本来であれば値引くことができるというわけです。

ですから、業者から出された見積もりを鵜呑みにするのではなく、他社と競わせることで、少しでも安く引っ越しができるように交渉をしてください。

私のオススメとしては、無料一括見積もりサービスなどを活用して、複数の業者から見積もりを手に入れ、その中で値段の安い会社同士をさらに競い合ってもらうことです。

日本人は「値引くこと=悪い」と考えてしまいますが、業者も高いとわかっていて見積もりを提出しているため、こうした交渉はした方が確実にお得なのです。

2~4月に引っ越しをする人は、ぜひ試してください。