引越しをしたときに、挨拶はどうすれば良いのか?

引っ越しをするときには、近所の人に挨拶をすることが重要です。

正直な話、最近では近所付き合いが希薄になっているため「挨拶なんかしなくてもいいか」と考える人も多いようです。

しかし、万が一何かが起こった場合に助けてくれるのは近所の人です。また、住み始めたときに、何かトラブルなどが起きたときにも挨拶をしておけば、スムーズに話が進むことがよくあります。

ですから、引っ越しをしてきたら、最低限のマナーで近所の人に挨拶をするようにしてください。

大家さん、管理会社への挨拶のルール

引っ越しをしてきたときには、大家さんや管理会社へも挨拶をしておいてください。

住んでいるときのトラブルを解決してくれる、または仲介してくれるのは大家さんや管理会社の方です。この方々とコミュニケーションを取っておくことは、後々になって大きなメリットとなることもあります。

また、この挨拶のタイミングで、改めて賃貸契約、解約手続きの方法なども確認しておくこともオススメします。

隣人への挨拶のルール

家の近所や隣に住んでいる人にも挨拶をしておいてください。

どんな人がいるかわからず、正直不安に感じるとは思いますが、こちらから明るく接すれば、相手も気持ちよく会話をしてくれるはずです。

ちなみに、そのタイミングで菓子折などを持って行く人もいますが、これは必ずしも持って行かなければならないというわけではありません。

持って行く場合でも、あなたの気持ちに合わせて、1,000円程度のお菓子を持って行けば、それだけで隣人の人は喜んでくれます。